読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imog

主にUnityとかの事を書いています

SPAJAM福岡予選の所感

簡単に振り返って http://spajam.jp/2015/result/fukuoka.php

よかったところ

実装の速さが尋常じゃなかった

チームの人の実装速度がマジで速い。こうだろうというふわっとしたところからきちんと動くものが気づいたらできていた。寝てる間に妖精さんが頑張ってくれてたのかもしれない。

UIとかその辺もきちんと考えて作り上げてるから、実装後にデザイナーが入ってどうこうというのがあまりなかった気がする。普段の経験からできているのだろうなあという印象。 もちろんデザイナも仕事が早く、自分が灰色の質素な画面で開発しててmasterを取り込んだ瞬間いきなり背景とかボタンとか揃ってたこともあった。

取捨選択のスピードが程よい

自分の例でいくつかあげると、下記の三点を実装しようと考えていた。

  • 戦闘ログ保存、呼び出し機能
  • QRコード読み取り機能
  • Androidプッシュ通知機能

上記は全部自分がやったこと無いとこだったので、できるかどうかというところがよく見えていなかった。 なので30分程度調べて、目処が立たない場合は諦めるという感じで削っていった。

戦闘ログ保存は、いわゆる放置ゲーにおいてゲームを落として再起動したりしてもゲームが進んでおり、それまでの工程をユーザが見ることのできる機能のことを言っている。

やり方からわからなかったのでチームの人に聞いてみて実際に実装したらあっさりできたので調子こいて実装した。 ちなみに、その際に拙作のライブラリであるNattoを利用し大幅な開発コストの削減に成功いたしました。

github.com

大幅な開発コストの削減に成功いたしました。

QRコード読み取りは、Zxingというライブラリがググったら出てきたのでそれのサンプルコードを元に実装した

zxingnet.codeplex.com

調査から実装まで4時間もかからなかったのでここは凄く楽だった気がする。

一方AndroidのPush通知はどうもネイティブから書く必要があったらしく、今回の時間で作りきれるかというのと、そこに時間をかける価値があるかというのを話した結果お蔵入り。結果30分程度でやめましょうとなった。

そんなこんなを繰り返したので、実装したのに結局使わなかった・・とかめっちゃ時間かけたけど結局実装できなかった・・とかは回避できたと思う。

新しいことにチャレンジできた

上記のQRコード読み取りだったり。ハッカソンは時間が短いから自分の持ってる知識とかで回していくことが多いんだけど、今回は知らないところに足突っ込んで且つ終わらせれたのがよかった。

というか、そもそもゲーム内容決めるときにできるできないという話をしなかった気がする。 それでも上手く回せたのは取捨選択ができていたからかもしれない。

反省点

開発ルールがふわっとしていた

今回git使ってたんだけど、そもそも全員がgitに慣れているという状態ではなかった。

その中で、まあブランチ切っていい感じにやってプルリク出してね〜くらいのノリでやってしまっていたので開発終盤に大衝突(ビッグバン・コンフリクト)が起きた。急ぎでやっていて各々masterに直pushなどが重なった結果である。その他の小衝突(マイクロ・コンフリクト)が発生でタイムロスなどもあったので、これがなかったらもっと作り込めたかもね〜という話を祝賀会でやっていた。

とにかく時間がないので使い慣れたツールで動くのは重要だし、なんならバージョン管理しなくても全然良いのでここは反省点だなと思った。次回はgitに慣れておくか、別手段で行くかで。できれば前者。そしてルールを決めておこう。

開発中に他チームとの交流ができなかった

忙しすぎて他のチームのやってることが見えないのは勿体無かった。ギリギリネタかぶりは無かったけど。

あと学生さんのチームとかで初めてRailsでサーバ立てたとかでメチャクチャ苦労してたみたいな話を交流会で聞いたので、茶々入れに行けばよかったかなと思った。

少し寝坊

ごめんなさい

ちなみに今回短大の同じ弘中研究室出身の後輩たちが数人別チームで出ていたんだけど、自分も含め全員優秀賞以上はゲットしていたので、弘中研究室ハンパないなと思った。八耐ガチ勢マジパない。

他のチームだと KICKHOST チームの作ったアプリが個人的に凄くよかった。 「食事のときに使えるアプリ」というテーマに対して、食事中にスマホ触るんじゃねえよという方針から「食事中の電話を防ぐアプリ」を生み出していた。

Twillo API等を使って、電話の拒否や拒否メッセージの録音をして、あとはボタンひとつであらゆる電話をシャットアウトするアプリ。デザインもプレゼンも完璧で正直これが最優秀だと思ってた。

本選ではもっと効率良い開発体制にして、温泉に入る時間を増やしたい。あと最優秀賞も欲しい。

あと、今回名刺を持っていくの忘れて社会人としてダメな人になっていたので本選では名刺を持って行こうと思う