読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imog

主にUnityとかの事を書いています

第43回 八時間耐久作品制作会(仮) に行ってきた

Unity 八耐

(仮)までが正式名称 atnd.org

今回もゆったりとした雰囲気だった。

自分は前回から機能のパッケージ化が面白くなってきたので、今回も小さい機能を作っていた。

できたのがこちら。ミッコと呼びます。 github.com

Mikko is

Mikkoは、プラットフォームを気にすることなくタッチ処理を実装できるパッケージです。

Unityでスマホ向け開発を行うときに、タッチの挙動を調べるために Input.GetTouch などでTouch構造体を取り出すのが一般的だと思う。

しかし、このタッチの状態は実機だと問題ないけどエディタ上で再生したときに取得できないため、エディタ上での場合と実機の場合を両方書く、もしくはUnityRemoteなどで実機のみで確認する、みたいな対応が多かった。

ちなみにそれを解決するアセットはあるっぽいし、UnityもClossPlatformInputと言うものを提供している。

Unity5版Standard Assetsを使って仮想ジョイスティックを実装 - Qiita

前者は有料だったりするのと、後者はちょっと大袈裟すぎる時もあったのでシンプルなものを作ってみた。

使い方

タッチ関連の処理をエディタとスマホ実機で動かす場合、ざっくりとこんな感じ。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Hoge : MonoBehaviour {
    void Update () {
        if(Application.isEditor){
            if(Input.GetMouseButtonDown(0)) {
                // タッチした瞬間の処理
            }
            else if(Input.GetMouseButtonUp(0)) {
                // 放した瞬間の処理
            }                
        }
        else if(Input.touchCount > 0) {
            var t = Input.GetTouch(0);
            if(t.phase == TouchPhase.Began) {
                // タッチした瞬間の処理                
            }else if(t.phase == TouchPhase.Ended){
                // 放した瞬間の処理                
            }
        }
    }
}

Mikkoを使うとこんな感じ

using UnityEngine;
using System.Collections;
using GuP;

public class Hoge : MonoBehaviour {
    void Update () {
        ITouch t = Mikko.input.touch;
        if(t.info == TouchInfo.Began) {
            // タッチした瞬間の処理
        } else if(t.info == TouchInfo.Ended) {
            // 放した瞬間の処理 
        }
    }
}

エディタだろうがスマホだろうがお構いなしにできます。

内部的にはMikkoはシングルトンになっており、シーン上に一つだけDontDestroyOnLoadで生成されます。

現在取れるのは三つだけ

  • position: タッチした座標
  • deltaPosition: 前回との差分ベクトル
  • info: タッチの状態

必要になったらガシガシ追加していこうと思う。 UnityPackageはこちらに

https://github.com/adarapata/Mikko/releases/download/0.1.0/Mikko_0_1_0.unitypackage

八耐感想

Vive使ったガンシューティングが面白かった。 www.instagram.com

難易度は高めだったけど、もっとのめり込めるFPSみたいになってて満足度高かった。

だけど後輩が、HMD装着して周りが見えない僕の頭皮を積極的に撮影しようとしていたのでVRは危険だと強く感じた。